メルマガ文芸同人「主婦と創作」はメールマガジンを会報として活用する会費無料の文芸同人でした。

※「主婦」と冠しているのは、主幹の職業(?)がそれだからであって、別段「主婦向け」な内容でお送りしているわけではありません。


メールマガジンは現在休眠中です。
当ブログ管理人からお知らせは、Twitterアカウント@syufutosousakuでご確認下さい。

にほんブログ村 小説ブログへにほんブログ村 小説ブログ ハイファンタジーへにほんブログ村 小説ブログ 実験小説へにほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へブログランキング・にほんブログ村へ


2012年09月12日

文芸同人「主婦と創作」2012年 9月 1日発行 通巻 たぶん450号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[アウトレットと中古パソコン けっこう安い。]のイオシス
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1HU8KG+8EGB6A+ZFU+61RIB
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏テ┃キ┃ス┃ト┃系┃創┃作┃メ┃ー┃ル┃マ┃ガ┃ジ┃ン┃━━━━☆
┃━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛    ┃
┃   文芸同人 主婦と創作                   ┃
┃              2012年 9月 1日発行 通巻 たぶん450号┃
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵
 初めましてのかたは、初めまして。
 そうでない方は、ご無沙汰さまでございます。
 発行人の「銀凰@PC壊れました」です。

 ええ、長々愛用のPCのハードディスクがイかれました。
 データ類のサルベージもかなわず……。
 配偶者の人から「だからバックアップを鯖に上げとけと言ったろうに」と
たいそう怒られました。

 その配偶者の人のお古のPCを仮に使っておるのですが、
atok(日本語変換システム)の調教……じゃなくて学習具合がちがうので、
変換の挙動に馴れず、四苦八苦しております。

 兎も角も、現在連載中作品のデータもあぼーんという状況でありますため、
脳内データをサルベージしながらのリライト作業を行っております。

 もう笑うしかありません。てへ。

 従いまして、最近不安定な発行周期が、さらに不安定になる可能性がございます。
 なにとぞご容赦くださいませ。


 はて、何年か前にも同じようなご報告をした気がしますな。
 あのときのPCは
「煙を吐いて機能停止」
 という漫画のような最期だったなぁ……。


 さて、本日より恒例「アルファポリス大賞:第5回ファンタジー小説大賞」が
開催されておりますです。

相変わらず無謀な発行人は以下の作品(神光寺かをり名義)でエントリーしております。

クレール 光の伝説(洋風異世界冒険モノ)
http://jhnet.maxs.ne.jp/petit/gensou/cb/

お姫様舞踏会外伝 舞殿の【女帝】(オリジナルフリーゲームノベライズ)
http://jhnet.maxs.ne.jp/butou/novel/

慌て者の黒騎士の話(黒童話風ショートショート、若干グロテスク)
http://jhnet.maxs.ne.jp/petit/gensou/cb/folklore/black_knight.html

のざらし(若干ホラー寄りのダークファンタジー)
http://jhnet.maxs.ne.jp/petit/gensou/gensou/nozarasi00.html

岩長姫 退魔記(室町戦国風世界少年退魔モノ)
http://jhnet.maxs.ne.jp/petit/gensou/gensou/iwanaga/

知流姫(現代日本ほのぼの掌編)
http://jhnet.maxs.ne.jp/petit/gensou/gensou/chiruhime.html

フツウな日々(ちょっと昔の日本が舞台の、ボーイミーツガール?モノ)
http://jhnet.maxs.ne.jp/petit/gensou/school_days/


投票ルールはこちら
http://www.alphapolis.co.jp/citi_cont_prize_kaisai.php

是非ご投票をお願い致します。

 それでは今週も最後まで宜しくお付き合い下さいませ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 各作品の感想、及び各作者への励まし、声援のお言葉などのコメントなどは
 お気軽に↓Web拍手↓
http://jhnet.maxs.ne.jp/s/101
 からお寄せ下さい。

 皆様からの一言が書き手の「糧」となります。
 なにとぞ一言お寄せいただけますよう、よろしくお願いいたします。

 なお、回答が必要なコメントで、
返信用のメールアドレスなどが記載されていない場合は
ブログ↓にてお返事を公開いたします。
http://ohimesamaclub.seesaa.net/category/6056169-1.html
∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴...∴..∴..∴..∴∴..∴..∴
@━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━@
◇本日の目次…
 ◆連載……銭澤時計店  140文字でイソップ 
 ◆連載……神光寺かをり  小懸  ―真田源三郎の休日― 
@━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━@
★文芸同人「主婦と創作」ではあなたの作品のご投稿をお待ちしています。
投稿は専用メールフォームで(http://mm.9no1.gozaru.jp/mmagazine.html
作品投稿に際しては投稿規約(http://mm.9no1.gozaru.jp/03.html)必読です。
○相互リンクメルマガ・サイト募集中↓お問い合わせはこちらのフォームで↓
        http://mm.9no1.gozaru.jp/mmagazine.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇連載  140文字でイソップ              作:銭澤時計店
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
モミの木とイバラ。 No.041

森の奥で、樅の木が荊を見下して言った。
「私は世の中のために色々役立つ木だ。君には何の取り柄があるかね?」
荊は
「私には何の取り柄もありません」
と答えた後、続けて
「おや、斧を持った木樵がやってきた。
あれ樅の木さん、どうかなさいましたか? 風もないのに枝が随分震えて?」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
twitterので1回につぶやける文字制限140字に収まるように抄訳した
イソップ寓話をお届けするシリーズです。

このシリーズは「銭澤時計店」のtwitter(http://twitter.com/zenisawa)で
不定期に連載されています。
バックナンバーはこちら:http://www.zenisawa-tokeiten.bzue.com/special/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆感想・メッセージは↓こちらのWeb拍手
http://jhnet.maxs.ne.jp/s/101
 または掲示板↓でお気軽に
http://www.alphapolis.co.jp/each_bbs.php?bbs_id=2408
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇メーカーの無料相談期間が過ぎていても、
裏ワザ的に無料で電話相談ができる方法
   無料ダウンロード>> http://www.sugowaza.jp/r/ZzdjX2NhSg==.html

■パソコンのトラブルですか?■


メーカーの無料相談期間が過ぎていても、


裏ワザ的に無料で電話相談ができました!


その方法を本レポート内で、


詳しくお伝えします・・・

   無料ダウンロード>> http://www.sugowaza.jp/r/ZzdjX2NhSg==.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇連載小説  小懸  ―真田源三郎の休日― 51    作:神光寺かをり
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
--------------------------------------------------------------------
 ※この物語はフィクションです。
 ※従って、登場する人物・団体・地名などは、
  歴史上のそれらとは別物と思ってご覧下さいますよう、
  お願い申し上げます。
--------------------------------------------------------------------

 頭は桂巻で覆い、身には継ぎの当たった一重を着ております。化粧気のない
顔は煤にまみれていました。
 遠目から、着ている物だけを見ますれば、お世辞にも貴人とは言い難い装束
です。
 その貴人らしからぬ身なりの者が、あのころにはまだそれそのものが珍奇な
乗り物であった駕籠の、たいそうに立派な扉から出て参ったのです。
 本当ならば、不釣り合いなはずです。
 ところがちっともそうは見えませんでした
 なにしろ、出てきた娘の頭を覆っている布は、これっぽっちも汗じみたとこ
ろが無く、晒したように白いのです。
 着物のに継がれた端切れには、使い古した布地の風情がまるで見えなません。
 おまけに、顔の煤の汚れはまるきり手で塗りつけたようでありました。
 すべて取って付けたようで、ことごとくあからさまで、万事嘘くさいときて
います。
 この扮装そのものが、「私は農婦ではありません」と白状しております。
 私は苦笑しました。
 私たち自身がもここへ来るときにずいぶんと下手な「百姓の振り」をしたわけ
でありますが、なんの、あの下手な変装と見比べれば、千両役者のごとき化けっ
ぷりであったと云えましょう。
 しかし、百姓のフリをして他人の目を誤魔化そうというのが、於照の考えか、
あるいは周りの入れ知恵かは定かでありませんが、
「やれやれ、兄妹そろって似たようなことを」
 私は笑いながら、涙をこらえておりました。
 妹は無事でありました。少なくとも、命はあります。
 それにどうやら、ここへ来るまでの間に杉の葉を喰うような思いはせずに済ん
だ様子です。
 そして件の偽百姓娘の方はといえば、切り通し道の崖の上に私の姿を認めた途
端、こらえることもせずにわっと泣き出したのものです。
 そのまま物も言わず、崖下に駆け寄ったものの、さすがに女の足でよじ登るこ
とが苦労であると見るや、その場にくずおれるようにして座り込んでしまいました。
 あとは顔を覆って泣くばかりです。
 私は灌木を乗り越え、崖を転がるようにして滑り降りました。足が着いたのは
なんとも良い案配に、ちょうど泣き虫娘の真ん前でした。
 私がしゃがみつつ、妹の肩を抱いてやろうとしたそのとき、私の耳はおかしな
音を聞きました。
 鍔鳴りです。
 そのすぐ後、頭の上で、鉄がぶつかり合う音がしました。
 私は右の腕に「重さ」を感じておりました。
 重さだけです。痛みのたぐいはありません。
 私の右腕めが、勝手に脇差しの鎧通しを引き抜いて、頭上に掲げ持っておりま
した。
 その太く短い刃に垂直に交わるようにして、長い刀が打ち下ろされていました。
 臆病者の私の身体には、なんとも妙な「癖」が染みついております。
 刀を打ち込まれたら防ぐという動作を、頭で考えるより先に身体の方がしてく
れます。
 いや、便利なようですが、かえって不便なこともありのですよ。
 相手がこちらを襲う気などさらさらないというときでも、こちらが勝手に逃げ
ることが多々あるのですから。
 それはともかくも。
 私の右手が押さえてくれた長い刃の根本には、当然ながらそれを握る籠手が
ありました。
 籠手の先に黒糸威しの大袖があります。
 その向こうには黒い顔が見えました。
 立派な口髭と頬髭を生やしています。大きく開いた口元には、尖った白い歯が
居並んでいます。
 恐ろしい怒形でした。
 一瞬、ぎくりとしましたが、すぐに私は安堵しました。
 怒り狂った猛将の口元の上に、怯え、潤んだ、黒目がちな眼があったからです。
 怒形の面頬《めんぽう》をかぶっているのは、
『子供』
 に相違ありません。
 確かに一見、立派な鎧を着た大柄な「武将」ですが、おそらくは自分よりも
年下で、ともすれば未だ初陣に至らぬ若造あろうと見て取りました。
 第一、打ち込んできたその刀に、刀以上の重さを感じません。すなわち、
私を……一人の人間を斬り殺すために必要な力を、まだ身につけていない、
未熟な小僧に相違ないのです。
 何分にも、自分も子供でありましたから、そして何分にも自分も小心者であり
ますから、同類はすぐに判ります。
 私は相手の刀をはじき返すことをしませんでした。
 そうするより前に、私の頭の上と目の前から、声がしたからです。
「三九郎殿、たとえ御身のなさることでも、許しませぬぞ」
 同じ言葉でした。しかし声の色はだいぶん違います。
 頭の上から振ってきたのは、破鐘のような声です。
 目の前からあがったのは、鈴のような声です。
 しかしどちらも大きく、そして大変怒っていました。
                                 続く
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
「眞田源三郎の休日」をまとめて読みたい方は↓こちら↓
http://jhnet.maxs.ne.jp/petit/history/sanada/chiisagata/
モバイル(携帯)の方は↓こちらから↓
http://jhnet.maxs.ne.jp/petit/history/sanada/chiisagata/m.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆感想・メッセージは↓こちらのWeb拍手
http://jhnet.maxs.ne.jp/s/101
 または掲示板↓でお気軽に
http://www.alphapolis.co.jp/each_bbs.php?bbs_id=2408
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週号はここまで。
また次回お会いいたしましょう。

メルマガの感想、各作家さんへのメッセージは↓こちらのWeb拍手
http://jhnet.maxs.ne.jp/s/101
 または掲示板↓でお気軽に
http://www.alphapolis.co.jp/each_bbs.php?bbs_id=2408
 メールフォームもご利用いただけます
http://mm.9no1.gozaru.jp/mmagazine.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールマガジンは
サイト/ブログなどの購読フォームから購読のお申し込みを戴いた皆様、
メールマガジン購読のご希望をいただいた皆様に配信しています。
お申し込みのお心当たりの無い場合は、
購読申し込みをなさった方がメールアドレスを間違えた、
あるいはいたずらで購読を申し込まれたという可能性があります。
恐れ入りますが、下記の各メルマガスタンドの解除URLより、
購読登録の解除をしてくださいませ。
お手数ですが宜しくお願い申し上げます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 このメールマガジンに掲載されている文章は、
          それぞれに表記のある著作者が著作権を有しています。
 無断転載・複製・改変・転用は、著作権法により禁止されております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━【奥附】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ◆テキスト系創作メールマガジン 文芸同人「主婦と創作」◆
発行人:銀凰恵
特定電子メール法に基づく表記:http://mm.9no1.gozaru.jp/02.html
サイトURL :http://mm.9no1.gozaru.jp/
ブログURL :http://ohimesamaclub.seesaa.net/
Twitter  :http://twitter.com/syufutosousaku
このメールマガジンは、以下のメルマガスタンドを利用して発行しています。
登録・解除は各メールマガジン発行スタンドのフォームでおこなえます。
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0000093007.html
めろんぱんhttp://www.melonpan.net/mag.php?004900
アルファポリス http://www.alphapolis.co.jp/maga.php?maga_id=1000313
メルマ! http://www.melma.com/backnumber_175552/
マリンNAVIお知らせメール http://www.marine.ne.jp/mm/user.asp?id=75141
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
競馬のアレコレ「知りたかった!」が見つかる競馬サーチ.com
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=10G4RO+D740LU+174S+61JSJ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

posted by 主婦と創作発行人 at 20:40| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガのバックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 小説ブログへにほんブログ村 小説ブログ ハイファンタジーへにほんブログ村 小説ブログ 実験小説へにほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へブログランキング・にほんブログ村へ